お盆の風習

公開日:

カテゴリー: 小禄の魅力


沖縄のお盆は全国的なお盆と大きく異なる風習があります。

沖縄県でのお盆は毎年親族が大勢集まる一大行事の一つ♪

沖縄でのお盆は旧暦の7月13日~15日までの3日間で今年は

新盆と旧盆がかぶっていますが沖縄では旧盆でのお盆がメインで

お盆3日目が休みになる企業もあります。

お迎えする初日を→《ウンケー》

二日目の中日を→《ナカヌヒー》

最終日を→《ウークイ》と言います。

また全国的にお仏壇にお供えするものは似ていますが沖縄らしい

独特のものが『お線香』&『打紙(うちかび)』になります!

・お線香は6本ほど線が入っていて割れるようになっているのが特徴です♪

・打紙(うちかび)は、あの世で使う<お金>と言われ沖縄のお盆ではこの打紙を

燃やして故人に届ける風習があります♪

また沖縄でのお盆の重箱料理にも特徴があります。

1段目にお餅を15個並べて、2段目に天ぷらや豚の三枚肉・カマボコ・田芋(ターム)など

沖縄独特の郷土料理が並びます!

またお盆初日の『ウンケー』では《ウンケージューシー》と呼ばれる炊き込みご飯を

お供えするもの特徴の一つ♪

またお盆期間中は各地域で『道ジュネー』と呼ばれるエイサーが町を練り歩き

各地域で盛り上がります!

お盆期間中のご旅行の方は中々味わえない文化・歴史を是非味わってみてはいかがでしょうか?

沖縄は魅力がいっぱいの県!!これからも沖縄の魅力&小禄の魅力を発信していきますので

宜しくお願い致します♪♪♪

 

***小禄エリアでのお部屋探しは***

小禄地域密着専門店の高蔵住宅まで

売買&仲介なんでもご相談ください♪

TEL:098-857-7311

FAX:098-857-7720